<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

モンサントの不自然な食べもの

昨日、友人と見に行ってきました。

待望の地元映画館での、一週間、一日1回だけの上映。

平日の午前中ということもあり、館内はガラガラ。もったいない~~~

ドキュメンタリー映画。

フランスの、マリー・モニク・ロバン監督が、ネット検索した画面を表示。

キーパーソンに実際にインタビューしていくという内容。

撮影は1年間、10か国にわたって行われた。

この構成には、内容の公平性と、監督自身がモンサント社からの告訴を避けるため、という意図があった。

巨大な国際企業からの圧力に屈することなく、正義と公平性と冷静な判断と戦略のもと、慎重に制作されている。

モンサント社は、除草剤「ラウンドアップ」、遺伝子組み換えの技術で世界一の企業。

社内文書で、「1ドルたりとも利益を無駄にしてはいけない」という一文が、彼らのすべての価値観を物語っている。

次々と暴露される隠ぺい体質、

町一つ分を汚染して未だに解決していない事故問題、

各国の農民達の自殺や子供への健康被害などの悲劇。

巧妙な手段で、作物の種を牛耳り、「食」を支配し、政治・経済をも支配していってしまう。

途中で、気分が悪くなってしまったが、最後まで見届けなければと目をこらした。

一緒に行った友人の言葉、

「彼らには、良心というものがないのか?」

いや~~無いでしょう、全く。

不買運動、デモ、など、批判の声を上げ、輪を大きくする、というのもありでしょうが、

映画の中でもあったように、

アメリカ国内で牛の成長ホルモン(乳牛の乳の出をよくするため)の導入を反対する運動の結果が、

GM(遺伝子組み換え食品)表示義務撤廃

というなんとも悲惨なことになってしまったことが非常にひっかかる。

「反対運動への加担は、結果として、阻止すべき勢力を応援することになる」

この言葉が、ずっと頭の中で回っていた。

私ができる事はなにか?

一個人として。

一人の母親として。

一人の社会人として。

今まで生きてきて、生きるって何?

何のために生きて、何を形に残せて、何をやった人として、次の世代にバトンタッチできるか?

その答えが徐々に出そろいつつある、

そんな事に考えが及んだ、一日でした。
[PR]
by atelier_kt | 2012-12-14 08:15 | セミナー

事業(プロジェクト)を成功に導くためには

実に4か月ぶりの投稿となります!、、、汗

遊んでいたわけではありません、念のため。

とにかく、仕事仕事仕事、、、しまくってました。

事例集は、いずれ、許可を得られたものから順にUPしてまいります。

勉強もことかかさず、ということで、

岡山は総社市のNPO法人「ちみち」主催のセミナーに参加してきました。

講師は、森本登志男 さん。

経歴を見ると、岡山出身、京都大学卒、ジャストシステム、マイクロソフトと、ITを突っ走っておられるお方。

現在は、佐賀県のCIO(最高情報統括監)って、なんだか、SF映画にでも出てきそうな肩書き、、、

これに参加しようと思ったのは、

NPOや自治体などの陥りがちな、失敗する事業の傾向を分析して、
民間企業のノウハウで、成功に導こうとしている、という点!

この手法というか、原則を、地方の中小零細企業にも当てはめて行ったら、、、!?

という想像にかきたてられてのことなのです。

開始前の名刺交換では、なんと、うちの子と同じ中学出身というのが判明して、

期せずして、超ローカル話に盛り上がりました。

セミナー開始後の、と~っても長い自己紹介にもまた、いろんなエッセンスがたっぷりで、

住民が、地元の資源や特産物に自信を持てていない事をなげいて、

応援していきたい、という心意気が伝わりました。

実例で挙げられた、「葉っぱビジネス」の大成功と、その周辺で沸き起こった、
スモールビジネスの可能性。

ひと、もの、かねの地方の活性化を、一つの可能性から押し広げていく様は、

ある意味、爽快でした。*成功事例のみのご紹介、とはご本人のお言葉ですが。

地方に元々ある資源を使いつつ、現場で起きている問題に目を向け、改善するための立案、それを効率よく、軌道に乗せるために、

ITを駆使する、救急車両にi-padの事例はちょっと感動ものでした。

救急車は、幼少のころの私自身も、うちの子も昔お世話になったので、余計に、、、。

鹿島の酒蔵ツーリズムというイベントでは、
いろんなメディアへの露出まもちろん、facebookやtwitterで、住民と来訪者との絆を結び、

外部からの高い評価で、住民は地元に誇りと自信を持ち、経済的にも、大成功を収めました。

そして、一つのイベントの動員数や売上高のみに終始せず(戦略の一つにしかすぎない)

本来の目的はなんなのか、と常に原点に返る姿勢も見習いたいと思いました。

さらに、彼がまたすごいな~と思ったのは、

佐賀県でのCIOの任期が3年間だけなのを見越して、

自分が任期後にいなくなっても、きちんと、その仕組みが回るように、

後任のことまで考えて行動しているという点。

最後にいけてる事業、いけてない事業(または地域)の共通点の発表がさらりとあり、

事業計画を立てるにあたり、

テーマや目的、目標設定、戦略と戦術などに具体的数値をあげる計画性とその重要性、

そして何より、

事業がリーダーの一人相撲になっていないか、

「個」が輝く仕組みになっているか、

という点が印象的であり、確信を得られた、今回のセミナーでした。
[PR]
by atelier_kt | 2012-12-03 22:53 | セミナー


岡山のデザイン事務所。  経営者の良き社外パートナーとして、経営課題にデザイン・ソリューション(課題解決デザイン)を提供いたします。


by atelier_kt

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
リーフレット
業務案内
パッケージ
カタログ
ステッカー
ポスター・パネル
看板
フライヤー
DM
ロゴデザイン
名刺
取材
Facebookカバー画像
似顔絵
キャラクター
イラストレーター
エアブラシ
ボタニカル
水彩
パステル
仕事について
セミナー
神社仏閣仏像巡り
子育ち
宇宙
その他
ブランディング
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2014年 08月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

外部リンク

メモ帳

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

人間薬(にんげんぐすり)
at 2016-12-20 00:44
琴線に触れるもの
at 2016-11-02 23:04
失敗事例から学ぶ障害者雇用
at 2016-10-27 01:16
関係の質〜思考の質〜行動の質..
at 2016-10-12 00:33
焼くぜ、さんま!繋ぐぜ、絆!..
at 2016-09-11 13:23

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
クリエイター

画像一覧